薬を使わない薬剤師の“健康自立ブログ”

宇多川久美子の言葉のくすり箱(LINE@アーカイブ2019年1月後半)

宇多川久美子公式LINE@言葉のくすり箱アーカイブ2019年1月前半


■2019年1月16日

パソコンやスマホから出るブルーライト
眼に悪影響を及ぼす!そんなこと、常識ですよね^ ^

パソコンの前に座ることが多い私もモチロン!
ブルーライトカットのメガネをかけてます!

ところが
米国眼科学会(AAO)が、
「ディスプレイから出るブルーライトで視力は低下しない」
という声明を出しました

元々はトレド大学の研究チームが
「太陽光や電子機器から出るブルーライトが、
眼球内の光を感じる分子と結合すると、
細胞を傷つける可能性がある」と発表したことで
ブルーライトが悪者になったのですが

この研究結果は間違いで「現実の世界では起こり得ない」と指摘しています

米国眼科学会は
ブルーライトカットのメガネの使用も推奨しておらず
その効果 はなんら証明されていないそうですよ

正しいと思っていた情報が
間違っていること…
いっぱいありますね^ ^

■2019年1月21日

前回の配信でブルーライトは視力に影響しない
という論文をご紹介しました

そこで様々なご質問をいただきました

その中で一番多かったのは
「そもそもブルーライトって何ですか?」というもの

「ブルーライト」と聞くとすっかり悪者扱いで
スマホやパソコンのディスプレーから発せられる
眼に良くない光と思っている方も多いと思います

実際には
ブルーライトは自然の太陽光にも含まれている光です

朝起きて天を仰ぐと青い空!
空が青く見えるのは太陽光の中の
青色の光を目が感知するからです

この青色の光が「ブルーライト」なんです

以前もお話しましたが
どの生物も、体内時計をそれぞれ持っています

体内時計を正常に働かせることで自律神経、
免疫力も調整されていて体温、血圧、
ホルモンなどもコントロールされています

ヒトの場合は
主に目が感知する光の量で体内時計が決められています

日が昇れば網膜が光を感知し目が覚めて活動を始め
日が沈めば光がなくなり、脳と身体を休めようとします

これは、太古の昔からヒトが健康を維持するためのリズムです
光でコントロールされている体内時計が
身体のさまざまな働きを調整しているのです

次回は不自然なブルーライトと体内時計についてお話します

■2019年1月23日

前回、空の青さがブルーライトということをお伝えしました

空からのブルーライトだけならうまく体内時計を調整できるのですが
夜も昼間のような明るさの上に

スマホやパソコンなどのディスプレイで
ブルーライトを浴びる現代の生活は体内時計を狂わせ、
自律神経系や内分泌系、免疫系にも悪影響を及ぼします

「寝付きが悪い」「眠りが浅い」といった不眠の症状もそのひとつでしょう

網膜が強いブルーライトの刺激を受けると
外はすっかり夜なのに、脳は「朝だ」と判断して
睡眠を司るホルモン「メラトニン」の分泌を抑えてしまうのです

近年、LEDは目覚ましい普及をしましたが
実はLEDはブルーライトをかなり多く含んでいます

明るいディスプレーは目には影響はないかもしれませんが
体内時計には大きく影響を与えているのですね

寝る2時間前にはパソコン、スマホはおしまいにしましょうね

■2019年1月28日

人は不安を感じると、交感神経の働きが強まって

■2019年1月28日

人は不安を感じると、交感神経の働きが強まって


リアルタイムで言葉のくすり箱を受け取りたい方はこちら

私とLineで友達になって健康を情報をいち早く受け取ってみませんか?
今なら宇多川塾生限定動画をプレゼント中!

友だち追加

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP