薬を使わない薬剤師の“健康自立ブログ”

世界で日本人にしかできない?!海苔の消化

ノリ2枚で1日に必要なビタミンA・B1・B2を摂取!


日本の食卓にかかせない「のり」について考えてみましょう。
のりは、緑黄色野菜といわれるほど栄養豊富で、ビタミン、ミネラルが多く含まれています。
手巻き寿司などに使われるサイズののりを2枚食べるだけで、1日に必要なビタミンA・B1・B2が摂取できるそうです。
特にビタミンAは豊富で、のり1枚で卵一つ分のビタミンAが摂取できるといわれています。
野菜嫌いの子どもでも、ビタミン・ミネラルを手軽に摂取できるのは、うれしいですね。
人間は、栄養分を吸収するため、食べた物を酵素によって分解・消化する必要があります。
そこで活躍するのが「腸内細菌」。
人間が上手に消化できない食べ物を消化し、作ることができないビタミンを作るだけでなく、病原菌と戦うための免疫力を発達させ、病気に強い体に貢献しているといわれています。
2010年にフランスの研究グループが、のりの成分であるポルフィランを分解する新しい酵素を、海に住む細菌から発見しました。
同グループによると、その特別な腸内細菌は、なんと日本人にのみ見つかったとのこと。研究グループは、「生ののりを食べることで付着した菌が体に入り、腸の中で遺伝子の受け渡しがあったのでは」と考えています。
昔から海藻を食べてきた日本人だからこそ得られた機能なのかもしれません。

のりには、焼のり、味付けのりなど種類がありますが、のりは熱で細胞壁が壊れて消化吸収が良くなるため、焼のりは外国人でも消化することができるそうです。
韓国のりは、焼のりに塩とごま油を塗った味付けのりの一種なので、日本人以外が食べても消化されるようになっています。

低カロリーで健康にも美容にも良いとされる、のり。これからも私たちの食生活に積極的に取り入れたいですね。
(文=宇多川久美子)

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP