プロフィール

Profile


宇多川久美子よりご挨拶

私は「薬を使わない」薬剤師として活動をしています。薬剤師になったのはかれこれ36年前、それ以来医療の現場でいわゆる「患者さんに薬を出す」仕事を20年くらい続けました。毎日毎日患者さんが処方箋を持ってやってくる。それに対して「少しでもよくなってほしい」「楽になってほしい」という想いをこめて私たち薬剤師は薬を調剤し、手渡します。ちゃんと用法を守って飲んでくださいね、という言葉を添えて。

でも、そんな日々の中で私の心の中に積もっていく想いがありました。それは「毎日こんなにたくさんの患者さんに薬を出し続けているのに、どうして薬を求める患者さんの数が減っていかないんだろう?」ということです。患者さんが薬のおかげでよくなって薬を飲まなくなるどころか、薬の量が増えていく人の方が多かったように思います。最初は軽いお薬が1錠だったのに、それが2錠になり3錠になり…、気がつけば複数の種類の薬を20錠、30錠飲むように指導するなんていうこともありました。

「あれ? 私はいったい誰のために何がしたくて薬を出しているんだろう」と、ある日ふと思いました。

そのときから始まったのが「薬っていったい何だろう?」という問いかけです。薬を飲み続けても病気がよくならないなら、何のために薬を飲んでいるんだろう?と強く疑問に思うようになりました。

現在の薬局で処方されるような薬、つまり西洋薬が世に広まるようになったきっかけは1800年代半ばのクリミア戦争です。戦争中、戦地では多くのけが人が出ます。出血を止める必要がありました。また、不衛生を強いられるような場所で集団生活をしているので感染症などが広がる危険性もありました。急性のケガや痛みを一時的に抑えたり、出血を止めたり、感染症の原因となる菌を減らしたり殺したりすることには薬はとても有効で素晴らしい力を発揮します。そう、そもそも薬は急場をしのぐためのものだったのです。

ところが、その後私たちは慢性疾患に対しても薬を使うようになっていきます。薬の力で値を下げるということを慢性的に続けているのです。現在、病院で処方されている薬の約9割は慢性疾患に対するものだと言われています。

薬というのは、ほとんどが合成物ですから人間の身体にとっては「異物」です。異物ですから、身体の中に入った薬は本人が感じるか感じないかに関わらず様々な影響を良くも悪くも及ぼすことになります。目に見えたり、明らかに身体の調子が悪かったりする場合は副作用として大きく注目されますが、それ以外でも何らかの異物反応は起こっているはずです。

そのような異物でもある薬を、急場をしのぐためだけではなく半永久的にのみ続けたら、いったい身体にどんな影響を与えることになってしまうのか? 私はとても大きな不安を感じています。薬が必要な場面というのは、もちろんあります。だから、私は薬を完全に否定する立場ではありません。薬によって助けられることがたくさんあることを知っています。

ただ、一方で「必要じゃない」場合も多いのではないかと思うのです。特に慢性的な病気の場合には、本当にその人の身体を治すことができるのはその人自身だけだと思うに至っています。

だからこそ、今飲んでいる薬が本当に手放せないものなのかをご自身で考えていただき、どうしたら薬を必要としない身体を作ることができるのかをみなさんに伝えることが「薬を使わない薬剤師」としての私の使命だと思っています。

「自分の健康は自分で作る」

多くの方が薬に頼ることなく「健康での自立」をされることを心から願っています。

宇多川久美子 略歴


1959年千葉県生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)。一般社団法人国際感食協会代表理事。NPO法人「統合医学健康増進会」常務理事。医療の現場に身を置きながら薬漬けの治療法に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」を目指す。現在は、自らの経験と栄養学・運動生理学等の知識を活かし、感じて食べる「感食」・楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に、薬に頼らない健康法を多くの人々に伝えている。主な著書に『薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法』(光文社新書)『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂新書)『薬が病気をつくる』(あさ出版)『薬を使わない薬剤師の断薬セラピー薬をやめれば、病気は治る』(WAVE出版)がある。

宇多川久美子 メディア取材歴・連載歴


【メディア取材歴】

雑誌

■週刊ポスト
■週刊現代
■壮快・安心ベスト健康法
■図書新聞
■AERA

TV

■テレビ神奈川
「イイコト!11510〜ハートフルナビゲーション〜」

ラジオ

■CBCラジオ
「北野誠のズバリサタデー」

他多数

【Web連載中】

■小学館働く堅実女子のお悩み解決サイトSuits-woman.jp
薬を使わない薬剤師 宇多川久美子
堅実女子のお薬診断
薬に頼らない生活を目指しましょう堅実女子のお薬診断

毎週更新中です!

宇多川久美子 著書


 

■薬剤師の私が実践する 薬に頼らず健康に暮らす27の習慣

■薬剤師は薬を飲まない

■薬が病気をつくる ~薬に頼らずに健康で長生きする方法

■薬は恐い! 病院は危ない! 病気はこうしてつくられる! 医薬業界が死んでも語らない本当のこと

■長生きするのに薬はいらない

■日本人はなぜ、「薬」を飲み過ぎるのか?

■薬を使わない薬剤師の 断薬セラピー 薬をやめれば、病気は治る

それでも薬剤師は薬を飲まない–食事が変わると、健康になる 

■薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法

■歩き方で寿命が決まる! ベジタサイズ&HAPPYウォーク

■薬で病気は治らない

■その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本

■歩き方できまる 長生き父さん、早死に父さん。

■薬剤師は抗がん剤を使わない

■薬なしで血圧を下げる!

■それでも「コレステロール薬」を飲みますか?

 

PAGE TOP