骨粗鬆症と骨密度計測の罠!動くと危ない?骨折するのは、骨密度が低いから?

骨粗鬆症と骨密度計測の罠!動くと危ない?骨折するのは、骨密度が低いから?
あなたが40歳以上の女性なら、骨密度検査を受けたことがあるかもしれませんね。自治体でも、定期健診に取り入れているところが多いからです。 骨密度検査では、20~40歳の平均骨密度を正常値(100)として、自分の骨密度が正常値の70~80%の場合は骨減少の要注意値、70%未満は骨粗鬆症と診断されます。 また、25歳のときの自分の身長と比較して4センチ以上低くなっていると、骨折の危険性が倍以上になるとされています。 患者の多くは高齢の女性で、60代女性の3人に1人が、70代女性の2人に1人が該当し、その数は年々増えていると言われています。 けれども、本当にそうでしょうか? 骨粗鬆症は、骨密度計の普及とともに1990年代に突然登場した、新しい病気なのです。 そもそも、年を取るにつれて骨密度が下がり、身長が縮むのはごく当たり前の現象です。 骨粗鬆症が登場した90年代に、突然骨密度の低い人が激増した、というわけではありません。 年々患者が増えているのは、長寿になって高齢の人が増えたことと、検査を受ける人が増えたことによるのではないでしょうか。 要するに、自然な老化現象が、基準値が設けられたことで〝骨粗鬆症という病気〟になってしまったのです。 検査を行う理由は、「骨密度が低いと骨折しやすく、高齢者が骨折すれば寝たきりになることが多いため、それを防がなければいけないから」とされています。 けれども、高齢者が骨折するのは、骨密度が低いからではないでしょう。 転ぶからです。 転んだとき、骨密度の高い人と低い人を比べれば、低い人の方が骨折しやすいのは確かです。 でも、骨折を防ぎたいなら、骨密度を上げるより先にやることがあります。転ばないように、筋力をつけることです。 高齢になると筋肉が衰え、関節が硬くなり、足が上がらなくなって、ほんのちょっとした段差につまずくなどして、転倒するのです。 骨密度をあげても、それを防ぐことはできません。転倒を防ぐには、歩いたり軽い筋トレをしたりして、まずは筋力をつけることが大事です。

骨粗鬆症の薬を飲んでも骨密度は上がらない

骨密度が下がったことで、関節がきしんで痛いといった症状があるとしたら、それは問題です。 ところが、骨粗鬆症と言われて薬を飲んでいる人の大部分は、何の症状もないのに、病院に行って測ったら骨密度が低かったという人たちです。 そもそも、70代、80代の人に、20代、30代の人と同じ骨密度が必要だという根拠が、私にはわかりません。 若い頃なら、会社に遅れそうになって駅までダッシュすることもあるでしょう。それには骨密度の高い骨が必要です。 しかし、70代、80代でそんなことをする人はいません。しかも、何の不具合も感じていないのに、数値が低いというただそれだけで、薬を処方されてしまいます。そして、骨粗鬆症の薬には、非常に副作用の強いものが多いのです。

ビスフォスフォネート製剤

たとえば、ビスフォスフォネート製剤と呼ばれる薬は、服用後30分間は横になってはいけないとされています。 なぜかというと、薬の成分の刺激がとても強いため、すぐ横になると飲んだ薬が胃から食道に逆流し、逆流性食道炎を引き起こす可能性があるのです。 そのため、服用は必ず起床直後、食道に残さず一気に飲み込めるように、たっぷりの水で飲むよう指示されます。ところがその一方では、空腹時に飲まないと効果がないとされています。 つまり、食道に潰瘍を起こすほど刺激の強い薬を、空腹時に飲まなければならないわけで、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす危険性があるのは否めません。 副作用として挙げられている症状も、胃潰瘍や十二指腸潰瘍をはじめ、便秘、腹痛、吐き気、膨満感、頭痛・関節痛・筋肉痛などの痛み、顎骨骨髄炎、顎骨壊死など、多岐にわたっています。 骨粗鬆症の薬も、骨粗鬆症そのものを治すわけではありませんから、飲み出したら一生飲み続けなければなりません。その上、骨粗鬆症の薬を飲んで骨密度が上がったという人を、私はほとんど知りません。 まだ白衣を着ていた頃、窓口に来た患者さんが骨粗鬆症の薬を「もう半年飲んでいる」と言うので、「どうですか?」と聞くと、「いや、全然骨密度は上がっていません」とのこと。 そこで、「先生は何とおっしゃっていますか?」と尋ねると、「まだ半年だから、長い目で見 てあと半年頑張ろうねとおっしゃっていました」と言うのです。 もう2年飲んでいるという人もいました。その人は、「むしろ、ちょっと下がって来ちゃいました」と言うので、「先生は何とおっしゃっていましたか?」と尋ねると、「飲んでいる からこれくらいで済んでいるんだから、頑張って続けようねとおっしゃいました」と。 薬を飲んでいる自分と飲んでいない自分とを、同時には体験できませんから、医師にそう言われれば信じるしかありません。

骨密度が低い人は、動くと危ない?

それでもたまには、「骨密度が上がった」という人がいましたが、そのような人はたいてい「先生に言われて、歩くようになった」と言っていました。 医師のなかにも、「歩くことが大事」とちゃんと言ってくれる人がいて、その場合は骨密度が上がるのです。 薬を飲んだからというよりは、運動をしたから骨密度が上がったわけで、運動すれば筋力もつきますから、転ぶ危険性も減ります。 ところが一般的には、骨粗鬆症だと診断されると、家族に「骨折したら危ないから、外に出ない方がいい」などと言われてしまいます。 よくできたお嫁さんがいたりすると、「転ぶ と大変ですから、お母さんは家にいてください。買物なら私が行きますから」ということになり、ますます動かなくなって、骨密度も上がらず、筋力も衰えて転びやすくなるという悪循環です。 「だけど、薬として厚労省に認可されている以上、まったく効果がないということはないのでは?」と、思う人もいるでしょう。そこには、数字のマジックがあります。 薬の臨床試験では、その薬を飲む群と飲まない群に分けて効果を見ます。たとえば100人ずつ2つのグループに分けて、薬を飲まなかったグループでは2人骨折しました。 それに対して薬を飲んだグループでは1人骨折しました、というとき。100人のうち1人と2人と言われれば、「大した違いはない」と思いますよね。 ところがデータ上は、「50%の効果がありました」とか「リスクを50%回避できました」と言ってもいいのです。 薬の効果もあやふやで、重大な副作用の危険性がある。だいいち、転ばないことと骨密度を上げることに、直接の関係はない。 それなのに、骨密度を測ることに意味があるのでしょうか? 骨密度を測るのをやめて、バランスよく栄養を摂り、少しずつでも毎日歩いた方が、転んで寝たきりになる可能性は低くなると思います。 (文=宇多川久美子「薬を使わない薬剤師の「やめる」健康法 (光文社新書)  」より抜粋)

高血圧の薬をやめるための第一歩!
夏になる前に痩癖をつけませんか?
そのカラダから毒素を抜く!!
人生が変わるファスティング合宿
エイトフィット

肩こりしませんか?
頭痛しませんか?
足疲れていませんか?
夕方になるとむくみがきになりませんか?
あなたのカラダの不調の原因は足にあります!
宇多川久美子監修
エイトフィットが悩みを解決!

高血圧の薬に頼っていませんか?
あなたも今日から振り向き美人!
歩き方が変われば人生が変わる!
「ベジタサイズ&ハッピーウォーク」
ハッピーウォーク

5-6月の開催日
5月9日(火)①15:00~17:30
5月9日(火)②19:00~20:30
5月23日(火)①15:00~17:30
5月23日(火)②19:00~20:30
6月13日(火)①15:00~17:30
6月13日(火)②19:00~20:30
6月27日(火)①15:00~17:30
6月27日(火)②19:00~20:30

ハッピーウォークお申込み

毎回限定10名様となります。お早目にお申込みください!

COMMENT ON FACEBOOK