週刊現代2月25日発売 「飲み続けたらボケる薬」~実名リスト~

週刊現代2月25日発売 「飲み続けたらボケる薬」~実名リスト~

週刊現代から取材を受けました。
2月25日発売号です。

毎日飲んでいると、少しずつ脳細胞が侵されていく。

薬のおかげで検診の数値は改善されたかもしれない。だが、長期的な服用が、認知機能の低下を招く事例が数多く報告されている。ボケたくなければ今すぐ薬の「仕分け」を始めたほうがいい。

降圧剤のアルダクトンA、ブロプレス
糖尿病薬のスーグラ
コレステロールのリポバス他

生活習慣病の薬が認知症を招く

「脳」に作用する薬はやっぱり危ない
睡眠薬のマイスリー
抗不安薬のデパス
抗鬱剤のパキシル

週刊現代2月25日に掲載された記事の見出しだけをピックアップしてみました。
みなさんや、みなさんのご家族、ご親戚が服用している薬はありませんか?

生活習慣病の薬は、「長期」服用が基本です。
飲み始めたら、「長いお付き合い」になってしまいます。
50代の働き盛りのお父さんが、高血圧と診断されて降圧剤を飲み始めると平均的には30年から35年。
その薬を飲み続けることになります。
飲み続けたらボケる薬
楽天マガジンで過去の週刊現代が読めます。

週刊現代飲み続けたらボケる薬

生活習慣病は生活習慣を改めることが第一です。
30年薬を飲み続けるか、今気が付いて生活習慣を改めるか
決めるのはお医者様ではなく、自分自身ではないでしょうか?

ちなみに今回の現代にはこんな記事もありました。
週刊現代飲み続けたらボケる薬

楽天マガジンで過去の週刊現代が読めます。

週刊現代飲み続けたらボケる薬

こちらは取材されていませんが、雑誌社の皆様次回は是非こういった内容の取材もお願いします(^^) 

(文=宇多川久美子)

宇多川塾
高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は薬では治らない!
夏になる前がチャンス!
そのカラダから無駄な毒素を抜く!!
健康な体を手に入れるために最初にできること!
第一回は「高血圧を治す!」
高血圧の方、大切な方が高血圧で降圧剤を飲んでいる方。ぜひご参加ください。
人生が変わるファスティング合宿
エイトフィット

肩こりしませんか?
頭痛しませんか?
足疲れていませんか?
夕方になるとむくみがきになりませんか?
あなたのカラダの不調の原因は足にあります!
宇多川久美子監修
エイトフィットが悩みを解決!

高血圧の薬に頼っていませんか?
あなたも今日から振り向き美人!
歩き方が変われば人生が変わる!
「ベジタサイズ&ハッピーウォーク」
ハッピーウォーク

6-7月の開催日
7月11日(火)①15:00~17:30
7月11日(火)②19:00~20:30
7月25日(火)①15:00~17:30
7月25日(火)②19:00~20:30

ハッピーウォークお申込み

毎回限定10名様となります。お早目にお申込みください!

COMMENT ON FACEBOOK