春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え!フードは風土

春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え!フードは風土

『春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え』。これは明治時代の食養研究家の石塚左玄氏の言葉です。

『春は苦味』→フキノトウや菜の花などの野草や山菜などアクのあるものは、冬の間にたまった脂肪分を排出してくれます。

『夏は酢の物』→食欲が落ちる夏は、さっぱりとした酢の物。キュウリやトマト、ナスなどの野菜は体を冷やしてくれます。

『秋の辛味』→夏の間に消耗した体力を補うため、食欲増進をしてくれる辛味が効いたダイコンおろしなどです。

『冬は油』→寒さの予防に、脂肪分を取って抵抗力を養います。

季節ならではの食べ物をその季節に食べることは、こうした意味があるわけです。
フキノトウやツクシ、タラの芽、山ウド、ゼンマイ、フキ、ワラビ、タケノコなど、春の山菜には苦味のあるものが多いです。
春野菜には、抗酸化作用の高いポリフェノールやビタミンCなどが多く含まれ、新陳代謝を促す成分も多く含まれていて美容にもうれしいですね。

冬に新陳代謝の悪くなった体内から毒素を出すため、また、冬の間にたまった脂を流すため、春の野山で採れる野菜は苦いとか。
子どもたちがこれを嫌がるのは、苦いものに対して警戒心という本能がそうさせているようです。
幼いとき、フキノトウや山ウドをおいしそうに食べている親を見て「どこがおいしいんだろう……」と不思議に思ったものでした。

季節に合った食べ物を取ることは、人間にとって一番意味のあることではないでしょうか。

「フードは風土」という言葉もあります。その土地でとれたものが、その土地の食事を決めるという考え方です。
季節の恵みを感じ、楽しさを感じることができる食事の場を作っていきたいですね。

(文=宇多川久美子)

高血圧・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病は薬では治らない!
夏になる前がチャンス!
そのカラダから無駄な毒素を抜く!!
健康な体を手に入れるために最初にできること!
人生が変わるファスティング合宿
エイトフィット

肩こりしませんか?
頭痛しませんか?
足疲れていませんか?
夕方になるとむくみがきになりませんか?
あなたのカラダの不調の原因は足にあります!
宇多川久美子監修
エイトフィットが悩みを解決!

高血圧の薬に頼っていませんか?
あなたも今日から振り向き美人!
歩き方が変われば人生が変わる!
「ベジタサイズ&ハッピーウォーク」
ハッピーウォーク

5-6月の開催日
5月23日(火)①15:00~17:30
5月23日(火)②19:00~20:30
6月13日(火)①15:00~17:30
6月13日(火)②19:00~20:30
6月27日(火)①15:00~17:30
6月27日(火)②19:00~20:30

ハッピーウォークお申込み

毎回限定10名様となります。お早目にお申込みください!

COMMENT ON FACEBOOK