がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い

がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い

死因1位。死亡者の3割ががん

現在、日本人の死因の1位はよく知られているとおり「がん」で、死亡者数のおよそ3割を占めています(2015年、厚生労働省人口動態調査)。

日本で、がんが初めて死因の1位になったのは1981年のこと。それ以来、がんの死亡者数は年々増え続け、現在にいたるまで死因1位の座を不動のものとしています。
この数字が物語るとおり、がんは多くの人の命を奪う恐ろしい病気です。がんと聞けば、誰もが深刻にならざるを得ないほど、その恐ろしさが周知されています。

それだけに、がん治療の研究は絶え間なく続けられており、その成果として新しい技術や新しい薬が次々に開発されています。

また日本では、国民が公的医療保険に加入し医療費を互いに支え合う「国民皆保険制度」があるため、基本的に誰もが平等に医療の恩恵を受けることができます。

さらに、1カ月の医療費の自己負担額が一定額を超えた場合は、超過した金額が後から払い戻される「高額療養費保険制度」もあり、国内で保険適用されている最先端の医療を誰でも受けやすいのです。
今、話題となっている超高額薬価の抗がん剤「オプジーボ」も、基本的には誰でも使うことができます。

普通に考えるなら、がん治療の進展に伴い、医療環境が整った日本におけるがんの死亡者数は年を追うごとに圧倒的に減っていくはずです。

ところが実際には、この日本において、がんで亡くなる人の数は年々増えつづけています。
がん治療の研究は継続的に行われているというのに、なぜ死亡者数は減少しないのでしょうか。

私たちが暮らす日本のみならず、世界の国々においても、がんの死亡者数は増えつづけているのでしょうか。

がんは無限に増殖する?

がんは細胞のイレギュラーによって起こる病気です。
私たちの身体は約60兆個(近年の研究では約37兆個との説もあります)の細胞からできていて、それらの細胞は自らをコピーし、細胞分裂を繰り返しています。

正しくコピーが行われていれば問題はありませんが、何度もコピーをするなかで、うまくコピーできないもの、いわゆるコピーミスが起こります。
それが「がん細胞の元」になるのです。

誰の身体でもコピーミスは1日5000回程度起こる、つまりがん細胞の元は1 日に5000個ほどできるといわれています。

「1日に5000個」と聞くと、絶望的な気分になりますが、こうした「がん細胞のもと」は、ほとんどが修復されたり、死んでしまったりします。
たとえ修復されずに生き残ったがん細胞の元があっても、「NK(ナチュラルキラー)細胞」と呼ばれる免疫細胞が、修復されなかったがん細胞の元を食べて体内から消滅させます。

しかし、万が一NK細胞ががん細胞の元を見逃してしまうと、それが分裂をくり返すことになるのです。

正常な細胞であれば、分裂を数十回ほど繰り返すと死滅(アポトーシス)し、新しい細胞に入れ替わります。
しかし、イレギュラーであるがん細胞の元は、死滅することなく分裂を繰り返し、増え続けていくのです。

ひとつだったがん細胞の元が2つになり、4つ、8つ……と増殖を繰り返し、その数を増やし続けていくと、やがてがんとして認識されます。

がん細胞の元が増殖を始め、それが大きくなりがんと呼ばれるようになるまでには、およそ10年かかるといわれています。これは、がん細胞が1センチ(細胞数10億個)になるまでの期間は約10年と考えられるからです。

つまり、60歳でがんと診断された人は、少なくとも50歳くらいの頃から、がん細胞の元が成長し始めていたのかもしれません。

現代の西洋医学では、がんは無限に増殖するとされています。
これは近代医学の祖といわれるドイツ人医師のルードルフ・ルートヴィヒ・カール・ウィルヒョウ(1821~1902)の「がん細胞増殖説」に基づくものです。ウィルヒョウは、「がん細胞は、ひとたび発生すると無限に増殖を続ける」と主張しました。

しかし、その説に沿うと、納得できない面があります。がんは、1回分裂すると2個になり、2回分裂すると4個……、40回で 1兆個に達します。
この計算でいくと、46回目の分裂で64兆個となり人間の細胞の数とされる60兆個を超してしまいます。

ウィルヒョウの理論では、「正常な細胞の多くは、分裂を数十回くり返すと、それ以上の分裂能力を失うか、細胞がアポトーシスするように設計されている。
しかし、DNAに異常のあるがん細胞は、アポトーシスすることなく分裂を続ける。そして分裂・増殖を繰り返し、ついには宿主(患者)を死に至らしめる」とされています。

しかし、これは150年も前の時代の理論です。

私たちの体内には、毎日5000個ともいわれるがん細胞の元が発生しています。
ウィルヒョウの説が正しければ、人類はとっくに滅亡しているはずです。

毎日がん細胞ができているのに人類が100万年以上も生き延びているのは、NK細胞をはじめとする身体の免疫システムが、がん細胞の増殖を抑えてくれているからです。

ウィルヒョウの時代には、免疫細胞の存在すら見つけられていませんでした。
そのため「がん細胞・無限増殖論」に世間は納得したかもしれません。

しかし、免疫細胞の存在が明らかになった現代でも、なぜかまだウィルヒョウの理論が定説となっているのです。

日本人のがん死亡者数が減らない原因のひとつは、いまだに「がん細胞・無限増殖論」を信じるあまりに、自分自身が持っている免疫の力を忘れてしまっているからではないでしょうか。
(文=宇多川久美子)

薬剤師は抗がん剤を使わない

全国の書店にて発売開始しておりますのでお近くの本屋さんにてお買い求めください!
Amazonでも購入できます
薬剤師は抗がん剤を使わない (廣済堂健康人新書)
楽天BOOKSでも購入できます
薬剤師は抗がん剤を使わない (廣済堂健康人新書)

人生が変わるファスティング合宿
エイトフィット

足疲れていませんか?
夕方になるとむくみがきになりませんか?
足の疲れが気になる人のための最終兵器!


1日300歩!正しく歩いて長生き父さん!
「ベジタサイズ&ハッピーウォーク」
ハッピーウォーク

1-3月の開催日
3月28日(火)①15:00~17:30
3月28日(火)②19:00~20:30
4月11日(火)①15:00~17:30
4月11日(火)②19:00~20:30
4月25日(火)①15:00~17:30
4月25日(火)②19:00~20:30

ハッピーウォークお申込み

毎回限定10名様となります。お早目にお申込みください!



長生き父さん早死に父さん


現在発売中の 歩き方で決まる!「長生き父さん、早死に父さん」にはほかにもいろいろな病気を薬に頼らず改善する魔法の方法が満載!
「長生き父さん、早死に父さん。」購入キャンペーン実施中!!

①購入特典1・・・限定動画「本に書ききれなかったもっと伝いたい話」(約20分)
②購入特典2・・・限定動画「買ってはいけない市販薬」(約20分)
③購入特典3・・・「ベジタサイズ&ハッピーウォーク」特別割引券ペアチケット先着300組様限定プレゼント(※残りわずか!)
通常お一人様 3,000円×2名様合計 6,000円⇒お二人で2,000円!!

※お一人様参加の場合は通常の半額1,500円になるチケットをプレゼントいたします。
お友達、お父様、お母様とご一緒に参加されても良いですし、お一人でのご参加もOKです。
ただし、会場の関係で毎回10名様までの限定とさせていただいておりますのでご了承ください。



【キャンペーン応募方法】
①Amazonもしくはお近くの書店にてご予約ください!
Amazon予約サイト  歩き方できまる 長生き父さん、早死に父さん。 (生活と身体シリーズ)
紀伊国屋書店ウェブストア 「歩き方で決まる!長生き父さん、早死に父さん」 書店にてご予約 「長生き父さん早死に父さん」予約票をプリントアウトもしくは店員さんにご提示の上ご予約ください。
②下記特典応募フォームより、予約番号、予約票の写メをお申込みください。

③お申し込みの方にメールにて詳細をご案内いたします。
簡単な歩き方をマスターするだけで寿命が変わる!
生活習慣病とは無縁の、「長生き父さん、長生き母さん」目指しましょう!

COMMENT ON FACEBOOK