薬を使わない薬剤師の“健康自立ブログ”

薬を使わないストレス退治!!お手軽「断食」のすすめ

今回はお薬に頼らず生きていくための健康術をご紹介します。

“薬を使わない薬剤師”の私が健康法として推奨したいのがファスティングです。ファスティングとは「断食」のことです。断食というと、飲まず食わずの苦行のイメージが浮かぶかもしれませんが、私自身が実践しているのは発酵ドリンクなどを飲みながら行なうもので、決して苦行ではありません。

働きっぱなしの胃腸を休ませよう!


ファスティングは何に効果があるのかと言いますと、第一に「胃腸を休める」ことです。私たちは一日3食、おやつも食べ、コーヒーやお茶やお酒を飲み……と、つねに胃腸は動いています。人によっては寝ている間も忙しく動いていることでしょう。気がつかないだけで、働きっぱなしの胃腸は疲れています。休ませてあげることが大事です。そうすれば胃腸は元気を取り戻し、老廃物を排出し、腸内環境を整えることができます。効果的な無理のないダイエットにもつながります。

本格的なファスティングではなく、手軽にできるファスティングをご紹介します。

毎日12時間、食べない時間をつくる。

これだけです。
たとえば夜8時に夕飯を食べたら、翌朝8時まで何も食べない。夜中の12時まで飲んでいたら、翌日は朝食を抜き、お昼まで何も食べない。とてもカンタンでしょ?

日本人の「3食、食べなくちゃ」という思い込みが胃腸に負担をかけています。昨夜遅くまで起きていて、朝ごはんが食べたくなければ食べる必要はありません。「何か食べて行かなくちゃ」とバナナやシリアルを食べる必要はないのです。

頭痛、生理痛にもファスティング効果


無理に食べることで胃腸は疲れ、腸の動きが悪くなれば便秘にもなります。慢性的な便秘に悩んでいる人は、ぜひ一度お試しを。そのほか、次の症状のある方におすすめです。

・疲れやすく、休んでも疲れがとれない
・ストレスがたまっている
・つい食べ過ぎ、飲み過ぎしてしまう
・むくみが慢性化していて、夕方になると足がむくむ
・寝つきが悪い。睡眠不足になりがち
・ダイエットが長続きしない
・食べる量は変わらないのに太りやすくなってきた
・生理痛、頭痛、肩こりがひどい

12時間ファスティングを毎日続ければ、胃腸が元気を取り戻します。腸が元気になれば免疫機能も活発になり、疲れやすい、だるいなどの症状が減少。それにつれてストレスも軽減され、睡眠の質も改善される、そんな好循環が期待できます。

胃腸は働きすぎて疲れています。休ませてあげましょう。

一人でファスティングをするのが難しい方へ


とは言っても・・・
意識しすぎてしまい食べない時間を作る事が難しい、又は下記のようにことに当てはまるのであれば

・一人ではファスティングが難しい方
・デトックス効果を得たい方
・内臓脂肪が気になる方
・免疫力をあげたい方
・痩せやすい身体になりたい方

私と一緒に合宿しながらのファスティングに参加してみませんか?
栄養セミナーやエクササイズをしながらの3日間なので、「食べない」我慢ではなく、楽に「食べない」経験ができます。終わる頃には、皆さん、体や心の変化を感じておられます。

詳しくはこちらからご確認ください。次回の合宿は11月9日(金)~11日(日)の3日間になります!

ファスティング合宿の詳細

(小学館働く堅実女子のお悩み解決サイトSuits-woman.jp 寄稿した記事より引用 )


「健康の自立」をテーマにLINEで情報発信をしています!

私とLineで友達になって健康を情報をいち早く受け取ってみませんか?
今なら私のウォーキングスクール1回参加無料権利をプレゼント中!

友だち追加

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP