薬を使わない薬剤師の“健康自立ブログ”

ちゃんと知っておきたい薬の事。「ジェネリック医薬品」ってどんなもの?応用編

今までもお伝えしたとおり、どのジェネリックも安全性においては厚生労働省の承認を経ています。薬の効き目の幅(先発品に比べてプラスマイナス20%は許容範囲)、添加物の違いなどから、安全性について一概には言えないことも述べました。

ジェネリックは本当に安全なの?


先発品はジェネリックが販売されるまでの間にたくさん生産され、たくさん飲まれてきた薬です。何か問題点があれば、すでに指摘され、修正されている可能性が高いでしょう。その意味で、先発品のもつ安心感、安全性は実績をともなっているといえます。その点ジェネリックは主成分は安心・安全でも、その作り方・剤型・添加物等にそれぞれ違いがあります。

では、どのジェネリックを選べばいいか。

薬と人にも相性というものがあるので、これも一概には言えません。ジェネリックメーカーの中にもテレビCMを流せるような大手もあれば、名前も知られていないメーカーもあります。

オーソドライズド・ジェネリックとは?


実は、先発品と効き目も添加物も同じジェネリックもあります。オーソドライズド・ジェネリック、略してAGと呼ばれるものです。なぜ同じなのかというと、先発品の製薬メーカーの関連会社(子会社)が製造しているからです。

製薬会社が新しい薬を開発するのに数百億円かかるとお話しましたね。製品化して販売してから特許期間中は独占的に販売できるのですが、特許が切れれば、低価格のジェネリックが何種類も発売され、先発品メーカーにとっては売り上げが大きく下がるわけです。そこで先発品のメーカーの関連会社がジェネリック医薬品を製造するのです。

長く飲む薬だから安いほうがうれしいけれど、ジェネリックは品質や安全性が心配…という方は薬局で「AG(エージー)はありますか?」と訊ねてみるといいでしょう。AGは先発品よりは低価格に設定されていますが他のジェネリックよりも少し高めです。

ジェネリックは長期間服用する薬で!


ここまで、ジェネリックについて色々お話してきましたが、基本的にジェネリックは長期間にわたる服用が必要な薬において、その威力を発揮します。たとえば、かぜ薬なら3〜4日の処方でしょう。短期間の薬にジェネリックを使ったところで、薬代は先発品とそれほど大きくは変わりません。(中には帯状疱疹の薬のように高額なものもあります)

薬代に大きな差が出るのは血圧を下げる薬、コレステロール値を下げる薬など、生活習慣病に関わる薬です。これらはいったん飲み出すと長い期間、服用しなければならなくなります。いわゆる「一生のおつきあい」となるわけです。家計を考えればジェネリックという流れになりますね。

高齢化にともない医薬品代が増え続け、財政を圧迫するとして、国はジェネリック医薬品を推奨しています。ジェネリックの使用量を処方薬の7割まで引き上げることを目標にしています。ジェネリックの使用量を増やして、医療費を引き下げようというわけです。ただし、いくら安価になっても薬は薬です。「ジェネリックを飲むようになって家計が楽になった!」という方もいますが、飲まなくて済めば家計はもっと楽になりますよ。

いつもお伝えしていることですが、急場をしのぐための薬は必要な場合もあります。

しかし、生活習慣病は生活習慣の乱れから自らが招いた疾病です。薬はあくまでも症状を抑えるものです。その疾患を治すものではありません。生活習慣を改めない限り、薬も手放せなくなってしまいます。

ご質問の多い「ジェネリック医薬品」についてお話をしてきました。薬の正しい知識を身につけて、処方箋を見るときの参考にしていただければと思います。

 


ぜひ私とLineで友達になってください(^ ^)

今お友達になっていただくと、私のウォーキングスクールへの参加権利も
プレゼントしています。

友だち追加

Lineのメンバーにしか配信しない情報もたくさんあります(^ ^)

関連記事一覧

最近の記事

PAGE TOP